IR情報

中期経営計画

中期経営計画 Change for the Growth, Narasaki

はじめに

ナラサキ産業グループではこのたび2020年度を最終年度とする中期経営計画 “ブラッシュアップ 120 ” をスタート致しました。
変化の激しい経営環境の中、「創業120年に向け、これまで培ってきたスキルとノウハウに一段と磨きをかけるとともに、社員一人一人が高い志を持ち、組織として進化し続ける」ことをテーマとし、持続的成長を成し遂げるとともに企業価値をより高めるべく、中期経営計画に掲げた基本戦略を着実に実行してまいります。
また、コンプライアンスの徹底並びにコーポレートガバナンス体制の充実を経営の最重要課題と位置付け、すべてのステークホルダーの皆様から信頼され、評価される企業グループを築き上げてまいります。

ナラサキ産業 株式会社 代表取締役社長  中村 克久


前中期経営計画の振り返り



中期経営計画の概要

基本方針

  1. 事業部門間の連携強化とグループ総合力の発揮
  2. コア事業の強化と生産性の向上
  3. 海外事業、先端技術、環境・エネルギー分野への取組み強化
  4. 財務体質の改善と安定キャッシュフローの創出
  5. 人材の確保・育成
  6. コンプライアンス経営の徹底とコーポレートガバナンス体制の強化

イメージ図



数値目標



セグメント別事業戦略

電機関連事業
  1. コアビジネス毎の営業基盤強化
  2. メーカー連携による着実な事業展開、関係性強化による確固たる地位の確立
  3. シナジー営業の積極展開によるグループ総合力の発揮
  4. 国内地域戦略の強化・拡充
  5. 海外事業の安定的な事業基盤構築と規模拡大(ASEAN・中国)

機械関連事業
  1. エンジニアリング・工事施工能力強化による他社との差別化推進
  2. 主要メーカーとの連携強化による効率的な優良ユーザーの獲得
  3. 新商品、新サービス提供による新たな事業領域の開拓
  4. 地域戦略の強化によるニッチトップ事業の創出
  5. 機動的・効率的な業務運営の推進

建材・燃料関連事業
  1. 事業領域の「選択と集中」「採算重視」による生産性の向上
  2. 提案力強化による高付加価値商品、差別化商品の拡販推進
  3. 首都圏再開発、オリンピック関連等の建設需要獲得による事業拡大
  4. 震災復興への貢献
  5. エネルギー事業の営業基盤強化と環境変化への対応

海運関連事業
  1. 事業の「選択・集中・改善」による生産性の向上
  2. 港湾事業をコアとする高品質サービス提供による差別化推進
  3. 新規貨物の発掘・獲得による業容拡大
  4. 適正な料金改定と原価削減
  5. 安全・健康・環境への取組み強化

建設機械関連事業
  1. 道路・圧送・除雪業界を主体とした事業運営
  2. メーカーとの連携強化と「選択と集中」による効率化推進
  3. ユーズドマーケット戦略強化による市場・顧客拡大



CSR戦略・財務戦略・人事戦略

[CSR戦略]
■コンプライアンス経営の徹底
■リスク管理体制の整備
■コーポレートガバナンス体制の強化

[財務戦略]
■財務体質改善
■安定キャッシュフロー創出
■経営資源の有効活用

[人事戦略]
■公平・公正な処遇の実現
■人材確保・人材育成
■職場環境改善